WINFLOW-WAY

私たちができる
社会的価値の創造

TOPからのメッセージ

(株)WINFLOW

平素より御高配を賜り、誠にありがとうございます。
ウィンフローは2002年11月15日の創業以来、「私たちに関わる多くの方々の人生を、勝つ流れに変える」というビジョンを掲げ、事業拡大を続けてまいりました。
おかげさまで、創業当時からたくさんの方々に支えられ、且つお力添えをいただきながら継続して成長を続けてまいりました。
私たちに関わってくださっている全ての関係者の皆様に平素より感謝申し上げます。「サステナビリティ」の重要性が増す今、あらたなリーダーの輩出、社会的価値のあるサービスや製品の提供、若い段階からの継続的な人材育成など、NuSkin事業を通じたCSR活動も同時に取り組み続けてきました。
大きな社会構造の変化に伴って、人々の将来にわたるLIFESTYLEの変化や求めるものの変化に対し、WINFLOW STYLEという私たちのあり方やカルチャーを発信し、また、iWinという独自のシステムを構築し、多くの方々にチームとして貢献していく事によりより多くの方々のサポートの充実を図っています。
引き続き、事業拡大、社会的価値の創造を実現させ、新たな成長ステージへ向けた持続的な経営を目指してまいります。

代表取締役 石上 純

人にどう思われるかより、自分がどうなりたいか。私が社会に出始めた頃はまだまだこうした考え方は一部の人というような雰囲気が日本全体に色濃く残っていました。しかしながら、時代が大きく舵を取り、国の政策も合わさって働き方が多様化し、それを容認するどころか積極的に推し進めていく社会へと変貌を遂げようとしています。
これからのリーダーとは何が求められるのでしょうか?希望の持てる未来へと自らハンドルを握り、それを他者へ繋ぎ、そして社会に貢献していくこと。経験し、成長することによって得た影響力を大きく発揮できるそんな人材を育成していきたいと思います。
マイクロ・アントレプレナーをたくさん輩出することによって、一人一人の力は小さいかもしれませんが、一つの価値観に基づいたコミュニティーやチームになることによって大きな力になる。そしてよりたくさんの人々に貢献し、感謝に溢れる社会の実現に向けて努力を重ねていきたいと思います。

代表取締役 石上 実里

強くて、思いやりがあって、そしてHAPPYな人。そんな理想に近づく努力をさせていただき感謝しています。
OL時代自分のことで一杯一杯でギスギスしていきそうな自分に未来を感じることはできませんでした。女性にとって自分の人生を生きるだけが幸せではありません。子供や家族や親や友人など周りの方々との幸せを実感しながら地に足をつけて歩んでいく。そして毎日笑顔でHAPPYに生きる。それが私の理想です。
女性にとっても起業や自分のビジネスを持つことはもう高いハードルではありません。女性は一般的に、関心はあるのだけれど実際に起業するとなると、家庭との両立、ビジネスとして軌道に乗せられるかなど、さまざまな不安があり、断念される方も多いのかもしれませんね。でも心配ありません。自分次第で大きく変わることができます。私はそのような事を望む多くの女性の方々をサポートできる環境をずっと作ってまいりました。女性が輝ける社会を目指して、これからも伝え続けていきたいと思います。

ナリッシュ ザ チルドレン

世界でもっとも貧しい国のひとつ、マラウイ共和国の人たちがより豊かになるためのさまざまな活動を行っています。マラウイ人の平均寿命は50歳以下で、5歳未満の子どもの2人に1人が栄養失調といわれています。また、マラウイ経済のほとんどを支える農業従事者たちは、非常に不安定な生活を送っています。飢えと栄養不良に苦しむ子どもたちに、食糧支援に最適な栄養食「ビタミール」を届けるプログラムを行なっています。また家族の自立を助ける農業学校SAFIを建設しました。30~40人の農民とその家族が暮らしながら、魚の養殖、灌漑、持続可能な農業、森林保全、樹木の栽培、畜産、栄養学などの教育を受けられるようになりました。

「食べる」「再利用」「育てる」 子どもたちの成長・可能性を引き出す空間を提供しています

Kids Caféはオープン以来、年間を通じて毎週木・金・土に営業を続け、だれでも無料で利用できる居場所となりました。ここでは食事を提供すると共に、子どもたちのそれぞれのニーズに合わせて宿題や勉強の面倒を見る「学習支援」、また、多国籍で経験豊富なボランティアさんたちによる異文化学習や季節に合わせたイベントを行うなど、子どもたちが楽しめるさまざまな「体験・交流」プログラムを実施しております。

夢と自信と笑顔あふれる子ども達が、そこに

自らが人生のリーダーとなり、主体的に考え行動できる「リーダーシップ」の資質・能力を、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』に基づき開発していく3年間のプロジェクト。導入支援開始から4年目を迎えることができ、その間、計17校6,998名の子どもたちがリーダーになるための一歩を踏み出しました。学校側からは、「自主性や責任感をもって行動するようになった」「自信に満ちた姿でクラスの役割を果たしている」など、さまざまな成果が見られるようになったという嬉しい声が寄せられています。

先住民族の知恵に感謝して

民族植物学者というジャンルをご存知だろうか。古来からの先住民族の方々が生活の知恵として使ってきた植物(実・樹液・草)などを採取し、有用成分を突き止める。
世界的民族植物学者の『ポール・コックス博士』が何年もの時間をかけ、時には先住民と暮らしながら採取し研究を重ね、有効成分をみつけ、結果生み出された製品エスネピック シリーズ。開発にあたり、世界中の先住民から植物の知識を授かりました。これらの知識を与えてくれた現地の方に感謝し、より豊かな生活を実現できるよう世界各地で「Force for Good Campaign」を展開。エスネピック製品1個お買い上げにつき、25セントが寄付され、先住民の文化の継承、環境保護、難病根絶、そして孤児援助など子どもたちの未来のために役立てられています。

TOP LEADER Interview

小林 博喜 こばやし ひろき

時代は急速に変化しています。
社会の変化のスピードと同様に、私自身は変化できているのだろうか?と日々、自問自答を繰り返しながら前に進んでいます。

サラリーマン時代は、
環境が…会社が…上司が…自分だけが…
と、いつも不満を外へ向けていました。
ある時「このままで終わりたくない。未来を変えたい!」と心から思った時に、それまで見えていたものと全く違う世界観に変われたきっかけがありました。

『立場を変えなければ何も変わらない』
この言葉が起業をしようと思ったきっかけでした。
自ら舵取りをする人生!
自ら挑戦する人生!
変化する事を恐れない人生!
自分が変化する先に、関わるの方々に勇気を与えられる!事を知りました。

1人1人の小さな挑戦により世の中が明るくなり、今の社会が少しでも良くなればと思っております。
次の世代の方々に、挑戦をする人生は楽しい事!を伝え続けたいと思っています。

小林 由佳梨  こばやし ゆかり

幼い頃から経営者の父と、美容師だった母の影響を受けて育ちました。会社に勤めてキャリアアップを積み上げる生き方ではなく、起業して自分らしく生きる選択をしました。

私は周囲に方々に恵まれていて、支えてくれる方、導いてくれる方に成長の節毎に出会えています。竹が節を作りながら成長していくように、いくつかの成長期がひとつひとつ繋がっているように思います。

あらゆる女性の可能性を信じ、充実した人生を送れるようサポートしたい、そして、関わって下さっている皆さまの幸せと社会のために、学びを変革に繋げていきたいと思います。

揖斐 直也  いび なおや

サラリーマン時代の私は仕事に追われ、どんなに頑張っても報われず、将来への不安でいっぱいでした。
一度きりの人生を価値あるものとしたい。起業すると決め挑戦する中で「良き影響を素直に受けること、そして良き影響を人に届けること」を学びました。
「いい人」である以上に「いい影響を与える人」。自分の力で少しでも誰かのプラスの力になりたいと努力させていただいております。
更なる豊さを追求し、その豊さは、これから出会う多くの若い人達に、夢や希望を与える材料にすると決めています。
限りなく多くの方々に必要とされ、信頼を受ける人物を目指し、より明るい社会への発展、貢献に繋げて行きたいと思います。

富所 舞 とみどころ まい

『明るく楽しくHAPPY』をテーマに、人生にやりがいや楽しさを追求して過ごさせていただいています。
今、この大変革の時代に自分自身が何ができるのか、もっと人のお役に立つためにどうあるべきか。考えさせられる瞬間がたくさんあります。ボーっと過ごすのも人生、チャレンジして過ごすのも人生。楽しいと楽というのは違う。元々、素晴らしい向上心があったわけではありません。

姉がきっかけで経営者になりました。目先のことしか考えられなかった甘えん坊の自分でしたが、人生を長期的にみること、そして未来のために挑戦する楽しさを教えていただきました。今では微力ながら、社会貢献活動にも積極的に寄付させていただいております。誰かのために少しでもお役に立てることへの嬉しさ。同じ価値観の方との出逢いが増える度に増す使命感。もっともっと自身ができる幅を広げるために、社会へ貢献できるためにも努力してまいります。

人は人で磨かれていく、自信のなかったわたしが変化できていることも人のおかげ。『おかげさま』と『有難い』を忘れない人間でありたい。人は誰でも変わることができる、無限大なポテンシャルを信じて、わたしの変化のきっかけが誰かの勇気や希望になれたら光栄です。『努力は裏切らない』を信念に頑張ってまいります。